バイトから正社員に

うちの職場では大学生のアルバイトを積極的に雇っている。で、そのままうちに就職するって人も少なくない。もう面倒なことは無しで、試験も面接もしない。バイトから正社員にすぐにしてしまう。「就職活動してる?」と尋ね、「これからです」って感じであれば「うちで働いちゃえば?」という具合だ。

だからうちでは一切大っぴらに社員募集なんてことはしてないんですよね。人では常に足らないくらいなんですけど、募集して面接してっていうのを上の人は物凄く面倒臭がってるから(笑)。正規の手順で雇うという場合は、社員の紹介とか、職場に直に連絡してきて「募集してますか?」と尋ねてくる人ぐらいだ。

大学生のバイトから正社員になる人は多いものの、長く勤める人はそう多くは無い。長くても2年で辞めていく人が多い。それは職場が辛いとかではなく、大半はキャリアアップだ。うちで2年くらい実績を積んで他に移るのだ。系列の職場に移ることもあれば、別の会社に行く人もいる。2年を超えた人は、そうそう辞めない。

うちは広告関係の仕事なので独立する人も中にはいる。イラストレーターとして独立したり、DTPデザイナーとして独立もする。Web関係のバイトで入ってる人は独立する人が多いね。でも、独立しても外注以来することが多いから身内みたいなもんなんだけどね。

珍しいのだと、10年くらいうちでデザイナーとして務めてから専門学校の先生になった人もいる。やっぱりその人も大学のバイトからスタートした人だ。ちなみに僕と同期。僕もあるバイトからスタートしたけど、他に移るのも億劫なので居座り続けて気がつけば古参だ(笑)。

世の中の会社も、もっとうちみたいにしちゃえばいいのになって思うなぁ。そうすれば就職活動で悩む人は減ると思うし。

僕は大学2年の時に今の職場のバイトに面接を受けたんだけど、残念ながら落ちちゃいました。パソコン業務希望だったんですけど、スキル不足だったのだ(苦笑)。でも、「体力仕事ならあるんだけど、どう?」と誘われて、「じゃあそれで!」と決め手から、今に至っています。

なので、就職活動なんて実質やってないんですよね。だからニュースで「就職活動が大変!」というのを耳にしてもいまいちピンと来ない。大変なんだろうけどね。


Related Posts



Comments are closed.